支笏湖ガイド

支笏湖の水と森に癒される休日


Guide of Lake shikotsu

支笏湖の生い立ち

今から約3万年もの昔、激しい火山活動によって誕生した支笏湖。周囲40.3km、平均水位256.4mのカルデラ湖で、最大深度363m、それゆえ、厳冬期にも湖が凍ることは滅多になく「日本最北の不凍湖」とも呼ばれています。湖の周囲は紋別岳、恵庭岳、風不死岳、樽前山など1,000m級の山々が取り囲み、原始の自然が今なお残っています。深い緑の木々、限りなく蒼く透き通る湖水、木の葉や風のささやきにあふれた神聖なこの場所には、都会の喧噪と隔絶された時がゆるやかに流れ四季折々の風情を楽しませてくれます。

支笏湖の魅力

日本一の水質・支笏湖の魅力

紋別岳(もんべつだけ)

風不死岳

樽前山

苔の洞門


ページの先頭へ